Charango

チャランゴ

チャランゴ(Charango)

アンデスのフォルクローレは、チャランゴを抜きに語ることはできません。
スペインが侵略するまで、南アメリカには弦楽器がなかったとされています。
17世紀頃、スペインから渡って来たギターやビウエラ・デ・マノがアンデスの山間で見事に変身を遂げ、チャランゴが誕生しました。
旧世界の文化侵略をつつみ込み、飲み込んでしまった南アメリカ。
その混血文化を象徴するかのようなチャランゴ。
5コース10弦をもつ小さな身体から紡ぎ出される虹のような音色は、
今では南アメリカのみならず世界中でこよなく愛されています。

【line up】
□チャランゴ 
※現在「木製」のみ販売中です。
 ・木製(弦長:約37cm、フレット:16~18)
 ・エレアコ(エレキチャランゴ)
 ・ディアブロ(鉄弦チャランゴ)
 ・バリトン(中型チャランゴ)
 ・ワライチョ(小型チャランゴ)
□ロンロコ(大型)
◎弦についてはこちらをご覧ください。
◎現在、当店ではガンボア楽器工房(コチャバンバ県)とホルヘ・ロメロ・ゴンザレス氏(ラ・パス県)のチャランゴを取扱っております。


▪ガンボア楽器工房(Fabrica de Instrumentos Musicales GAMBOA)-コチャバンバ県-
先代の亡父・福岡稔は、1976年、この工房でチャランゴ製作を学びました。
(福岡稔とチャランゴについてはこちらをご覧ください。)
それ以降、当店ではずっとガンボアのチャランゴを販売してきました。
日本の四季の変化、特に夏の高温多湿にも耐えられる丈夫な仕上りながら、音色・音量とも豊かな高級チャランゴで、
ボリビアのアーティストをはじめ南アメリカ諸国、ヨーロッパ等でも数多くのプロの演奏家に愛用されている名器です。
日本においては当家とのみ専売契約をしています。
【チャランゴの特徴】
ボリビア各地に特徴のある音楽があるように、チャランゴにもそれぞれ地方色があります。

ガンボア工房のチャランゴは、典型的かつ伝統的なコチャバンバの代表といえるでしょう。
コチャバンバ県には、ボリビアで最もチャランゴ製作が盛んなアイキレという町があり、昔からたくさんの特徴ある楽器が作られて来ました。
ガンボア工房のチャランゴの特徴の第一は、たっぷりとした丸い音でしょう。
ボディの中にこもりすぎず、それでいて暖かみのあるまろやかな響きは、コチャバンバのチャランゴの特徴でもあります。
音の立ち上がりも明瞭で、とても演奏しやすい楽器だといえます。

   レネ・ガンボア氏(1978年頃)

▪ホルヘ・ロメロ・ゴンザレス(Jorge Romero Gonzales)-ラ・パス県₋
チャランゴやギターを作って27年。
ボリビア・チャランゴ協会会員。
ボリビア多民族国大統領府及び文化省より、2019年にチャランゴ製作家として認定を受ける。
「私のチャランゴは、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカ諸国に輸出されています。
私の作品は、厳選された木材を使用し、伝統的な音を大切にし、
ボリビアの伝統工芸を継承しています。」

     ホルヘ・ロメロ氏


 ◎チャランゴ選びで迷われている方はこちら(チャランゴの選び方)をご覧ください。 


【売切れ】
●GAMBOA 木製・指板:中南米ローズウッド 
63,000円 ↓

◎軽く、ネックが薄めで手が小さい方にも押さえやすい。
(サウンドホール:マリポーサ)
/
【売切れ】
●GAMBOA 木製・指板:黒檀 
66,000円~71,500円↓

◎音色は明るいとまろやかの中間。ボディの曲線により音が前に響く。

【売切れ】
●GAMBOA 木製・指板:黒檀
 88,000円

◎乾いてよく響く音。

【売切れ】
●GAMBOA 木製・指板:中南米ローズウッド(カルカスモデル)
71,500円↓

◎落ち着いた音色。(ボディに彫刻あり。)

【販売中】
GAMBOA 木製・指板:黒檀(カルカスモデル) 
55,000円
◎大きく響く音(ボディとヘッド部分に彫刻あり)。
(注)こちらは修理済商品です。表面版取り換えの修理が入っています。
   修理:チャランゴ工房 Taller Serrano

【売切れ】
●GAMBOA 木製・指板:黒檀(桑原健一さん おすすめ品)82,500円 ↓
〇初中級者向け
〇桑原健一さんYoutubeチャンネル(奏法等の解説)はこちら

↑左:No.1、右:No.2
::桑原さんコメント::
No.1
◎音色が明るい。響きGood。
◎ネックの状態Good。

No.2
◎丸く良い音がする。
◎ネックの状態Good。

【売切れ】
●GAMBOA 木製・指板:黒檀(宍戸誠さん おすすめ品・1台のみ)
150,000円 ↓

〇上級者向け

【販売中】
●GAMBOA ロンロコ(大型チャランゴ)木製・指板:黒檀 
82,000円 ↓
(ストラップとコードブック付)

【売切れ】
●JORGE 
木製・指板:黒檀(木下尊惇さん おすすめ品・1台のみ)88,000円↓
◎近年少なくなってきた、伝統的なブリッジのチャランゴ。

 

【チャランゴケース】
「その他の楽器・ケース」のページをご覧ください。
※チャランゴお買い上げの方にはソフトケースを無料でお付けします。
ハード・セミハードケースをご希望の方は割引いたします。

【チャランゴ弦】
●当家オリジナルのチャランゴ弦「イリマニ」 1セット 1,650円
※通信販売いたします(他ブランドもあります)。
≫こちらをご覧ください。

【チャランゴ関連用品】
・糸巻き(2つ1セット)       3,300円
・吊りベルト(長さ調整可) 1,300円
・クリーナー(布)         200円
・ピックガード(セルロイド)30cm×30cm~ 770円~
色:黄色、水色、緑、黒があります。
→お好きな大きさにカットします。ご相談ください。

【お買い上げのチャランゴの修理について】
チャランゴの修理は、大阪と東京、2か所の工房をご紹介しています。
▪チャランゴ 弦楽器修理 インティ工房 近藤眞人様
大阪府 吹田市千里山東2丁目16-10松栄ハイツ105号 (〒565-0842)
✉kondo@tantanakuy.com
webページ: http://www.tantanakuy.com
▪チャランゴ工房 Taller Serrano 貝谷吉浩様
✉donmauro.padrenuestro@gmail.com

webページ:https://www.facebook.com/donmauro.padrenuestro/