アンデスの家ボリビア音楽館「カバーニャ」のページ








福岡 麻由美  染作品展示室


●パチャママへの祈り
  Oración a la Pachamama

  1983 第22回日本現代工芸展

  181cm×181cm
●チャラサニへのおもひ
  Añoranza a Charazani

  1984 第23回日本現代工芸展

  181cm×181cm
●ウイニャヤタキの願い
  Wiñayataki mayrista

  1985 第24回日本現代工芸展

  181cm×181cm
●パチャママの見た夢
  El sueño de Pachamama

  1986 第25回日本現代工芸展

  181cm×181cm
●パチャママと鳥たち
  Pachamama y las aves

  1987 第26回日本現代工芸展

  181cm×181cm

パチャママ ……… アンデス古来の宗教の「大地の女神」で、豊かな農作物の恵みをつかさどる。
チャラサニ…………ラパス県北部の村。昔から呪術者たちの故郷として、独特の文化が伝えられている。
ウイニャヤタキ……インカ以前に栄えたティワナク文明の子孫の言葉アイマラ語で「永遠」を意味する。
鳥 …………………アンデスの王者コンドルは、「聖なる鳥」として人々から崇められている。






福岡 麻由美   Mayumi Fukuoka

1950  愛知県蒲郡に生まれる。父は洋画家木下広唯、音楽家木下尊惇は実弟。
学生時代、鈴木健司氏に師事し、ろうけつ染めを学ぶ。
1970  モダンアート展に出品。以後1986年まで、同展、日本現代工芸展に出品。
1974  幼稚園教諭時代、アンデスの音楽フォルクローレと出会う。
1976  福岡稔とともにボリビア渡航、結婚。伝統織物を学ぶ。
1977  夫とともに、神奈川県山北町に「アンデスの家ボリビア」を開く。
その後も数度にわたりボリビアへ渡る。
1982  市村冨美夫氏に師事し、筒描き染めを学ぶ。
1988  長女出産。
1991  永眠。享年41歳


★ 福岡麻由美の作品は、エルネスト・カブール、フェルナンド・ヒメネス、ルス・デル・アンデ等の
レコード・CDジャケットを飾った。カバーニャにはこれらの作品の内1点が常時展示されている。

        





『カバーニャ』 福岡稔小伝 アンデスの家ボリビア