アンデスの家ボリビア音楽館「カバーニャ」のページ
★フォルクローレ・ファンに開放された空間

アンデスの家ボリビア

音楽館 「カバーニャ」


〈休館中〉
 1977年(昭52)、ボリビアから帰国した福岡稔・麻由美夫妻が、神奈川県足柄上郡山北町の小さな借家でスタートした「アンデスの家ボリビア」は、その後1984年松田町寄(やどろぎ)に移転し、アンデスの音楽フォルクローレの普及とボリビア文化の紹介を目的に、全国に向かって情報を発信し続けてきました。
 1993年3月、「アンデスの家」第2次計画としてボリビアの民族資料室を備えた音楽館の建設に着手し、同年9月に完成、オープンしました。この夢が実現するまでには、ボリビアから帰国した後16年の歳月を要しましたが、多くの理解者と協力者の励ましを得て、完成することができたのです。
●カバーニャでの練習・合宿・研究会
 カバーニャは、フォルクローレおよび伝統文化の紹介と、フォルクローレ・ファンの音楽活動を支援することを目的に設けたものです。ホール(24畳相当)、和室2室(8畳・6畳)をアマチュア・グループや愛好家の方々に無料で開放してきました。
●民族資料室 現在休館中です。
 ボリビアの民族楽器、民族衣裳、手織物、祭事用民具などを常設展示しています。
この門柱が立っている建物です。



★アンデスの家ボリビア音楽館「カバーニャ」
神奈川県足柄上郡松田町寄6037 〒258-0001
休館中

ボリビア音楽館幹事会 稲葉一郎・杵屋栄敏郎・宮本勲・小林隆雄 (幹事会事務局 小林隆雄)
 



クルブ・カバーニャ

ボリビア・フォルクローレの愛好会

〈休止〉


 ボリビア音楽館「カバーニャ」を利用して行われている活動の代表的なものは、「クルブ・カバーニャ」です。会員制の音楽クラブで、地元の松田町や山北町をはじめ、小田原市、秦野市など近隣の方々が参加していますが、遠くは千葉県から駆けつける会員もいます。
 クルブはフォルクローレのコンサートを中心に定例会を持っています。
 定例会は原則として2、4、6、9、11月の第2土曜日の夜に、プロやアマチュアのグループを招いてコンサートを楽しんだ後、満開の桜、虫の声、月あかりなどとともに、季節感あふれる食べ物やおにぎりをいただきながらの交流会を行っています。
 クルブは定員制で、会員の募集は普段は行ってはいませんが、スペースに余裕のあるときはビジターの方々の参加も受け入れています(臨時会費が必要です)。
 定例会の予定はこのページでもお知らせしますので、ビジター参加をご希望の方はお問い合わせください。なお満員の場合はお受けできないことがありますのでご了承ください。 (現在休止中です)



クルブ・カバーニャのあゆみ

(★印は特別プログラム)

1993.9.10 音楽館落成
1993.10.16 音楽館オープニング・パーティ ★ルス・デル・アンデ・コンサート
1993.11.27 ロス・ビエントス プレ・クルブ・カバーニャ・コンサート


1994.1.1 ●クルブ・カバーニャ発足
1994.2.12 大雪のため流会
第1回 1994.4.9 アルトゥーラ ボリビア音楽
第2回 1994.6.11 フーマ アルゼンチン北西部の音楽
第3回 1994.9.10 ロス・コージャス ボリビア音楽
第4回 1994.11.12 木下尊惇/フェルナンド・トリーコ ★ボリビアのギターとケーナ

第5回 1995.2.11 ブリサ・アンディーナ エクアドル音楽
第6回 1995.4.8 グルーポ・インペリアル・ポトシ ボリビア・ポトシ地方の音楽
第7回 1995.6.17 ルス・デル・アンデ ★”夢よ、未来よ、想い出よ、希望よ…”
第8回 1995.9.9 インカの魂(東大) ボリビア音楽
第9回 1995.11.11 パリワニータ ペルーの歌とギター

第10回 1996.2.10 杵屋栄敏郎/木下尊惇/林美也子 ★新春特別プログラム”二十二弦の調べ”
第11回 1996.4.13 モアトレーロス ボリビア音楽
第12回 1996.6.8 アレハンドロ・カマラ/木下尊惇 ★ボリビアのチャランゴとギター
第13回 1996.9.14 ロス・マヤワス、ラス・パロミータス ボリビア音楽
第14回 1996.11.9 ノビアス・デ・ラス・シルエラス ボリビア音楽

第15回 1997.2.8 本田宏彦 ★パラグアイのアルパ
第16回 1997.4.12 フーマ アルゼンチン北西部の音楽
第17回 1997.6.14 ウニャ・デ・ガート ボリビア音楽
第18回 1997.9.13 木下尊惇 ★ボリビアのギター
第19回 1997.11.8 ネオ・チャスカ(日本女子大)
ラ・センダ(常葉学園大)
ボリビア音楽

第20回 1998.2.14 グルーポ・イラ・イ・アルカ アンデス山岳地方のアウトクトナ音楽
第21回 1998.4.11 グルーポ・マニャーナ ボリビア・アルゼンチン音楽
第22回 1998.6.6 ルス・デル・アンデ/フル・コンサート
舞踊・エンブルホ・アンディーノ
★松田町民文化センターで特別定例会
第23回 1998.9.12 ロス・クアトロ・ペスカドーレス ボリビア音楽
第24回 1998.11.14 インティ・ライミ ボリビア・アルゼンチン音楽

第25回 1999.2.13 木下尊惇/小林智詠 ★木下尊惇作品集から(ギター)
第26回 1999.4.10 エスパシオ(日本女子大) ボリビア音楽
第27回 1999.6.12 プカ・ティカ、インカ・ワイラ ボリビア音楽
第28回 1999.9.11 岡本昭 ★バンドネオン(タンゴ)
第29回 1999.11.13 ロス・コヨーテスII ボリビア音楽

第30回 2000.2.12 ビバ・ラ・ビーダ2000
(筑波大・図書館情報大)
ボリビア音楽
第31回 2000.4.8 菱本幸二/立枝恵子 ★ケーナとハンマー・ダルシマー
第32回 2000.6.10 ロス・ボンベロス ボリビア音楽
第33回 2000.9.9 パリワニータ ペルーの歌とギター
第34回 2000.11.11 ラス・パロミータス ボリビア音楽

第35回 2001.2.10 ロス・トレス・アミーゴス ★出会いのフォルクローレ・コンサート
第36回

2001.4.15
オープン・コンサート

本田宏彦アルパ・コンサート
特別出演 ネオ・フォルクローレ・トリオ…木下尊惇、小林智詠、フェルナンド・トリーコ
★日曜日午後の特別例会。会場を聖心女子学院丹沢学舎ホールに変更し、地域の方々はじめビジター枠も拡大。
第37回 2001.6.9 大隈マンタ(早稲田大)
オラシオン(日本女子大)
ボリビア音楽
第38回 2001.9.8 ワイナ・マユ ボリビア音楽
第39回 2005.3.5 タカタカ・ネオフォルクローレ・ユニット ★「春を呼ぶ響き」
第40回 2005.6.25 アルトゥーラ ボリビア音楽
第41回 2005.9.24 コルディエラ ボリビア音楽
第42回 2006.3.25 サルテーニャ料理教室〜試食会と音楽 参加者の飛び入り演奏
第43回 2006.9.9 中南米音楽パルマ 中南米各地のフォルクローレ
第44回 2006.11.4 エルネスト・カブール ★チャランゴ・コンサート





福岡麻由美染作品展示室 福岡稔小伝 アンデスの家ボリビア